自賠責保険の保険料が値上がりしました

2013年には15%程度の値上げが実施される予定です。

スポンサードリンク



かねてから報道されていた通り、2011年4月から自賠責保険が値上げされました。
自賠責保険は2008年4月に平均24.1%の大幅値下げが実施されており、これを2013年には元の水準に戻す予定となっていましたので、突然の値上げというわけではありません。

今回の値上げ幅は全体的に11%程度の値上げですが、2013年には15%程度の値上げが実施されて元の水準に戻ることになります。自賠責保険の保険料「値上げ」はある意味で予定されていたものですから、なぜ2008年に20%以上の大幅な値下げが実施されたのかのほうが少し気になります。

2008年に実施された値下げは、これまでの運用が順調に推移していった結果、契約者に保険料値下げというかたちで還元できるほどだったことから実施されたようですが、値下げを決めた年の春にはリーマン・ショックが勃発し、その後運用成績が急速に悪化したことは間違いありません。

現在の特別会計にどれほどの余裕があるのかないのかは分かりませんが、今後長い期間にわたって震災の復興と除染などに多額の資金が必要なわけですから、当面、自賠責保険料が元の水準に引き戻される程度なら文句のつけようはないのかもしれません。

自賠責保険をわかりやすく解説

自賠責保険とは

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法という法律によって、バイクを含む自動車を使用する者がかならず加入しなければならないとされています。
詳しく見る

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険は法律で車両の所有者に加入が義務付けられている強制保険です。いっぽう任意保険は、加入していないからといって罰せられることはありません。
詳しく見る

自賠責保険の加入をコンビニで行う

原付やバイクの自賠責保険の加入や更新も、いまではコンビニ(セブンイレブン)で行えるようになっています。
詳しく見る

自賠責保険の加入窓口

自賠責保険を販売しているのは民間の保険会社や共済ですが、損害保険会社の営業所の窓口に出向かなくても良いように、車やバイクの販売店が保険代理店となっています。
詳しく見る

tese3
参考サイト
【車を高く売るために】中古車買取で高額査定を引き出すコツ!