自賠責保険の特徴

スポンサードリンク



自賠責保険は、政府保障事業が保険制度を補完している強制保険です。そのため、未加入の状態で自動車を走行させると処罰を受けることになるという点は、自賠責保険だけの特徴と言えるでしょう。

ただ自賠責保険に未加入という状況は、かなり特殊な事情のクルマとそのオーナーに限られたものでしょうから、自賠責保険について見落としてはいけないのは、この保険が強制保険であるということよりも、保険としての補償範囲や保険金額が限定的なため、任意保険との組み合わせで保険の機能が生かされるという点にあるでしょう。

まず補償範囲について言いますと、自賠責保険は、交通事故による被害者側に死傷を補償対象とした対人賠償保険となります。クルマや店舗、ガードレールや電柱といった物に激突して物損事故を招いても、これに対する補償は、自賠責保険にはありません。したがって加害者が任意保険が未加入だと、物損に対する損害賠償を自己資金で調達しなければなりません。また反対に被害者側からすると、加害者が自賠責保険にしか加入していなければ、損害補填がスムーズに進まないことから、かなり面倒な状況になることが予測されます。

対物事故も、事故によっては個人ではとても用意できないぐらい大きな損害額になりますので、自賠責保険は任意保険との組み合わせが欠かせないのです。

次に保険金額についてですが、被害者ひとりあたり、死亡の場合は上限3000万円、後遺障害の場合は上限が4000万円、傷害については上限が120万円となります。対人賠償の保険金額としては、いずれにしても十分なものとは言えません。

また自賠責保険では、過失割合に関係なく、ケガを負ったほうが被害者となり、任意保険のような厳格な過失相殺は行なわれません。ただし例外的に、被害者に重大な過失があり、過失割合として7割を超える場合は、その過失割合に応じて2割~5割の重過失減額が適用されます。

それでも自賠責保険は、被害者保護の観点からつくられた公的要素の強い保険ですから、補償額は限定的であり、事故処理を迅速に処理する意味から内容も定型的なものとなっていることは否めません。
「ひとまず自賠責保険に入っているから大丈夫だろう」という考えは、自賠責保険の特徴をよく分かっていない方の発想だと言えます。自賠責保険のこうした点を十分理解した上で、任意保険との組み合わせで総合的に補償内容を検討するべきです。

スポンサードリンク