自賠責保険で補償される内容とされない内容

スポンサードリンク



自賠責保険が適用されるのは、運転中に他人を死傷させて対人賠償責任を負った場合です。そして自賠責では、過失割合に関係なく(特殊なケースを除く)死傷した側が被害者となり、被害者が受けた損害の内容によって決められている限度額の範囲で損害が補償されます。
その内容とは、相手方が死亡に及んだ場合は3000万円を上限に、後遺障害となった場合は4000万円を上限に、そしてケガを負わせた場合は120万円を上限として、保険金が支払われるというものです。

自賠責保険で補償される内容を、さらに細かくみていきますと、保険金支払事案ことに費目や支払基準などが定められていることが分かります

たとえば傷害であれば、治療費、看護費、通院交通費、諸雑費、義肢などの費用、診断書等の費用・文書料、休業損害、慰謝料などが費目としてあります。

また後遺障害であれば、身体に障害が残り労働能力が低下したために発生する収入の減少といった逸失利益や、精神的・肉体的苦痛に対する慰謝料などを所定の計算に基づいて算出します。
死亡による損害では、被害者が死亡しなければ得られたと考えられる収入額から生活費を控除して逸失利益が算定されますし、慰謝料においては被害者本人のみならず、遺族へ慰謝料も発生します。また死亡損害には葬儀費用(原則60万円)も含まれます。

後遺障害の逸失利益は、基礎収入額や労働能力逸失率・期間などをもとに計算されます。また死亡事故の場合は、遺族の人数によって慰謝料が大きくなるなど、被害者の要件によって賠償金額は大きく変わります。

このように算出された対人賠償の損害額は、億単位となることも決して珍しくありません。そのため自賠責保険で不足する補償額、補償項目をカバーできるように、任意保険にも加入しておくというのが自動車ドライバーの常識です。

なお自賠責保険は対人賠償保険ですから、物損や搭乗者の死傷、自分のクルマの損害は補償されません。また賠償金額が自賠責保険の上限額を超えた場合、その超えた分についても自賠責ではまかなえません。自賠責保険の限度額は、実勢からみて決して十分なものではありませんので、この点からも自動車の運転者は任意保険に加入しておくことが求められます。

また次のようなケースでは、事故で死傷した被害者も自賠責保険で補償されない場合があります。
ひとつは加害者に全く事故の責任がない場合です。
自賠責保険では、いかなる場合も死傷したほうが被害者となりますが、たとえば、信号待ちなどで停車中のクルマに酒気帯び運転で追突してきたクルマのドライバーが死亡したなどという場合は、自賠責保険でも補償されない場合があります。
次に、自損事故で運転者や同乗者が死傷した場合ですが、こうした事故も自賠責保険では補償対象外となります。

スポンサードリンク