自賠責保険と任意保険の違い

スポンサードリンク



■自動車保険は自賠責保険と任意保険の二階建て保険と考える

自動車の保険には自賠責保険と任意保険の二種類あるということを、知らない人はいないかと思います。

多くの方は、自賠責保険は当然のこと、任意保険にも加入されているでしょうが、この2つの保険の違いについて、あらためて考えたことがある方は少ないでしょうし、人によっては「任意保険は任意と言いながら、なぜ入るのが当たり前のようになっているの」、「任意だからとくに入らなくても大して問題ではないのでは……」と思っている方もいるかもしれませんね。

たしかに任意保険は、加入することについて、自動車を運転する人が任意に選べるわけですが、強制加入の自賠責保険だけでは、路上でおこるさまざまなリスクに対して十分に備えることが出来ません。そのため、任意保険への加入はある意味で必須となっているわけです。
ですから自動車保険は、自賠責保険と任意保険を分けて考えるのではなく、二階建ての保険として捉えて、セットで加入するというのが本当のところなのです。

■自賠責保険と任意保険のおもな違い

では自賠責保険と任意保険は同じ自動車保険でありながら、どこに違いがあるのか、いちど整理しておきましょう。

ひとつは、繰り返すようですが、自賠責保険は法律で車両の所有者に加入が義務付けられている強制保険です。いっぽう任意保険は、加入していないからといって罰せられることはありません。文字通り任意加入の保険ということです。

そして加入目的の違いですが、自賠責保険は被害者保護のために最低限の補償を担保する公的要素の強い保険です。いっぽう任意保険は、自賠責保険だけでは不足する補償を補完するために、加入が推奨されている保険です。

保険料や補償内容についてですが、自賠責保険は保険会社が違っても保険料は一律に定められていますので、同じ車両区分なら保険料はどこで加入しても同じ金額ですし、補償内容も全く同じです。任意保険は、車種や保険会社の保険商品によって保険料も補償内容も変わってきます。また補償内容は保険加入者が選べるようになっています。この点も2つの保険の大きな違いと言えるでしょう。

補償範囲は、自賠責保険は対人賠償のみであり、これはどのクルマも同じ条件ですが、任意保険は補償内容を加入者が選ぶことができ、対人賠償以外に対物賠償もカバーされますし、搭乗者の死傷や、所有車両の物損も補償対象とすることができます。
また任意保険には、加害者の過失割合が100%という場合でも、加害者の損害を補填してくれる保険もあります。自賠責保険は被害者だけを救済する保険と言えますが、任意保険は加害者側の損失も補填してくれる仕組みも持っているということです。

またこれも両者の典型的な違いと言えるのですが、自賠責保険は過失相殺という概念がなく、被害者に重大な過失が認められる場合や加害者に全く責任のないことが認められる以外は、被害者の補償が減額されることはありません。つまり被害者の立場からすると、自身に過失があってもなくても変わりなく、負った損害が補償されるということです。いっぽう任意保険では、過失相殺が厳格に行なわれます。

最後にもうひとつ大事なことがあります。それは自賠責保険にしか加入していなければ、相手方との示談交渉は自分で行うか、法律の専門家に依頼しなければなりません。任意保険に加入していれば、こちらの過失がゼロというケースを除き、保険会社が示談交渉を行なってくれます。

なお、自賠責保険に未加入の方が、任意保険に加入することは出来ません。たとえば事故によって、対人賠償の必要がでた場合、保険金は先に自賠責保険から支払われ、自賠責保険では不足するぶんについて、任意保険から支払うようになっているのです。このことからも、自賠責保険と任意保険はセットで機能しているということが分かるでしょう。

スポンサードリンク