バイクの自賠責保険とは

スポンサードリンク



バイクも自動車ですから、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)への加入義務があります。バイクは、それが125cc以下の原動機付自転車であれ、車検のある二輪自動車であれ、自賠責保険に未加入、または期限切れのままで公道を走ることは出来ません。自賠責保険が期限切れのままバイクを走らせると、クルマの場合と同じで、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処せられ、違反点数が6点ついて半年以内の免許停止となりますので注意してください。

また自賠責保険に加入すると、車検がない250cc以下のバイクに公布される保険標章のステッカーは、ナンバープレートに貼ることが義務づけとなっています。自賠責保険に未加入でなければ、保険標章を表示していないことでの罰則規定はありませんが、自賠責保険に未加入であるとみなされて注意を受けることにはなるでしょう。

2011年4月から、保険標章の色が多色化されわりと目立つ色使いに変わりましたが、これは自賠責保険の未加入者や期限切れのドライバーを減らす目的でとられた施策です。公布された保険標章はかならず表示するようにしてください。 

バイクの自賠責保険も四輪車の自賠責保険と変わるところは特になく、対人賠償に特化した保険です。また保険金額も同じで、被害者ひとりにつき、死亡の場合は3000万円、後遺障害の場合は4000万円、傷害の場合は120万円が上限金額となります。そのためバイクの場合も自賠責に任意保険を抱き合わせて、補償金額や補償範囲を厚くする必要があります。

ただしバイクの自賠責保険はクルマの自賠責よりも保険料は安く、125cc以下の原動機付自転車は1年契約で7280円、125ccを超え250cc以下の軽2輪の場合は9640円です。また2年以上(最長5年まで)で契約すると保険料は割安となりますので、譲渡や廃車の予定がなければ、保険期間を長く契約したほうが経済的です。

なお車検のない125cc以下の原動機付自転車、125cc超250cc以下のバイクで、自賠責保険に加入する際に必要な書類ですが、125cc以下の原動機付自転車では標識交付証明書と現在契約している自賠責保険証明書が、250cc以下のバイクでは軽自動車届出済証と現在契約している自賠責保険証明書が必要です。これらの書類が用意できれば、バイクの自賠責保険はインターネットやコンビニでも加入手続きができます。

スポンサードリンク