自賠責保険の限度額と補償内容

スポンサードリンク



自賠責保険は対人賠償責任保険です。任意保険では対人賠償は無制限とするのが一般的ですが、自賠責保険は、どこの保険会社で加入しても保険金に上限が設けられており、その金額は変わりません。

自賠責保険の支払い限度額は以下の通りで、被害者1人についての限度額となります。

・死亡に至った場合 - 3000万円
・後遺障害に至った場合 - 4000万円
・傷害のみの場合 - 120万円

なおこれらは上限額ですから、個々に損害の範囲を確定し、補償金額が上限額の範囲で支払われることになります。

死亡による損害であれば、葬儀費、逸失利益、慰謝料が損害の範囲となりますが、逸失利益は被害者が生存していたら得られたと考えられる収入額を算出して、そこから生活費を控除して計算されますので、相手によって補償金額が変わってきます。また死亡による損害での慰謝料は、遺族の人数によって金額が変わりますので、事故案件によって全体の補償金額は大きく違ってくるということになります。

後遺障害による損害は、後遺障害の程度や、介護の度合いでも常時介護か随時介護かによって金額はかなり違ってきます。
逸失利益についても、基礎収入額や労働能力逸失率・期間で計算されますので、相手方の年齢によっても賠償金額が大きく異なることになります。

ケガだけのケースでは、診察料や手術料、または投薬・処置料、入院料等、治療にかかるすべての費用のほか、近親者等の付き添いや、医師が看護の必要性を認めた場合の看護料や、自宅看護料・通院看護料・家政婦の費用なども、決められた金額で補償されます。
他にも通院にかかる交通費、診断書の作成費用、休業損害も補償範囲に含まれていますし、もちろん慰謝料も支払わなければいけません。

たとえ自賠責で対人賠償が行えたとしても、相手のクルマへの賠償責任も生じるでしょう。しかし自賠責保険では対物賠償をカバーしていませんから、もし任意保険に加入していなければ、加害者は経済的苦境に立たされることになります。このことからも自賠責保険は任意保険とセットで考える必要があるわけです。

スポンサードリンク