平成23年4月以降の自賠責保険料の改定内容について

スポンサードリンク



平成23年4月から自賠責保険の保険料が改定されました。改定内容は値上げです。そして平成25年にも再度保険料の値上が行なわれる予定です。この値上げは、自賠責保険料をもとの水準に戻すための改定です。

もともと自賠責保険料は、平成20年(2008年)に約24%の値下げが実施されており、平成25年(2013年)からは本来の自賠責保険料の水準に引き戻すことが決められていました。ですから、2年ほど前倒しになりましたが、保険料値上げが実施される(正確にはもとの水準に戻す)というのは、当初から予定されていたことではあるわけです。

自賠責保険料が引き下げられたのは、これまでの累積運用益を自賠責保険契約者に還元するためのもので、平成20年から平成24年の4年間のなかで還元していくという計画が2年ぶん縮小したということです。

還元期間を2年縮小せざるを得なかった理由には、保険金支払が想定以上にかさみ、損害率が悪化したからとされていますが、還元が決定されてから世界同時不況がおこるなど、世界的な経済環境の激変がありましたから、保険料の運用実績も当初の想定を相当下回ったとも考えられます。

しかし自賠責保険の運用収益がどのぐらいまで累積されていたか、また現在はどうなのかといった特別会計の中身まで一般的に知らされることはありません。還元期間が縮小された背景について、もう少し突っ込んだ報道が見られると良いのですが、保険料をおさめている契約者にとっては、今ひとつすっきりしないところが残るのは事実です。

すでに改定は実施されていますので、車検時に自賠責保険料が高くなったのが分かった方もいるでしょう。今回は全体では11%程の値上げ幅となっていますが、車両の種類で値上げ幅は違います。
いちばん上げ幅が大きいのは自家用小型貨物自動車(15.8%)で、その次が軽自動車(12.5%)です。自家用乗用自動車は9.1%で、バイク関係は4%前後の値上げ幅といったところです。

なお改定前の自賠責保険の契約で、解約や内容変更がある場合は、改定前の自賠責保険の内容で追徴や返戻が行なわれることになります。

スポンサードリンク