自賠責保険の加入窓口

スポンサードリンク



自賠責保険はバイクを含むすべての自動車に加入が義務付けとなっている対人賠償責任保険です。自賠責保険に未加入(期限切れ)のまま自動車を走行させると、処罰の対象となりますので注意しなければなりません。
ただし原付以外の自動車は車検の際に自賠責保険の契約更新がありますので、未加入ということはあまり考えられないことです。その点、原付などの車検のないバイクは更新漏れが意外に多いので、気をつけたいところです。

それでも自賠責保険は、ディーラーや車検業者のほうで、加入や更新手続きはほぼ自動的に行なっていますから、任意保険とくらべると加入の実感があまりないかもしれませんね。

自賠責保険は、まず車の購入時に加入手続きを済ませます。自賠責保険を販売しているのは任意保険と同じように民間の保険会社や共済ですが、こうした損害保険会社の営業所や共済組合の窓口に出向かなくても良いように、車やバイクの販売店が保険代理店となっています。したがって自賠責保険の加入窓口は自動車の販売店と考えて良いでしょう。

その後自動車の場合は、車検の際に自賠責保険を更新するわけですが、車検を行う代行業者や修理業者も保険会社の代理店をつとめていますので、こうした業者も自賠責保険の加入窓口となります。

では車検を受けない原付や125ccを超250cc以下のバイクなどの場合はどうでしょう。これらのバイクの場合も、購入時は販売店で自賠責保険をセットしますので、バイクを購入した販売店が自賠責保険の加入窓口となります。自賠責保険の更新のお知らせが販売店から届きますので、購入後もバイクを購入したショップが窓口となります

ただし、自賠責保険は、保険会社や窓口が変わっても補償内容や保険料は変わりませんから、車検がないバイクの場合、更新手続きの利便性を優先して自賠責保険の加入・更新窓口を変えても問題ありません。最近ではコンビニや郵便局、インターネットなどで自賠責保険の更新手続きがとれるようになっていますので、地元を離れるなどといった生活環境の変化が起きた場合は、手続きの窓口を変えてみても良いでしょう。

スポンサードリンク