自賠責保険の名義変更について

スポンサードリンク



自動車を購入する場合は、お店のほうで保険加入の手続きを済ませてしまいますから、買う側は何も考えなくても良いわけですが、自動車を個人間で売買したり譲渡したりという場合は、保険に関する処理も自分で行なわなければなりません。このような場面で戸惑うことのひとつに、自賠責保険の名義変更があります

ちなみに自動車を譲り受けても、自賠責保険の名義変更までしていなかった場合、事故をおこすとどうなるでしょうか。
自賠責保険には被害者救済という基本目的がありますので、自賠責保険の名義人以外の運転者が事故をおこしても、保険の期限が切れていない限り、保険金は支払われるようになっています。またクルマの登録番号が変わっても、車台番号から自賠責保険に加入しているクルマかどうかは特定できます。このような自賠責保険の特性が、車を譲り受けても自賠責保険の名義変更まで行なわないでいるという状況を逆に生んでいるとも言えるかもしれません。

でも普通の感覚なら、所有者が変わったのに、自賠責保険の名義は前のままというのは気持ち悪いものです。保険は、どのようなものでも、契約内容に変更があった場合は、実態にあったかたちに直しておくというのが基本ですから、名義変更は忘れず済ませておきましょう。

自賠責保険の名義変更は保険会社の窓口でおこないますが、必要な書類は、手続きに来る方が譲渡人であるか譲受人であるかで少し異なります。

手続きに来る方が譲渡人(旧名義人)の場合は、印鑑証明書(発行日から3カ月以内のもの)、運転免許証、健康保険証、社員証、パスポートなど、契約者本人であることがわかる本人確認書類と異動承認請求書というものです。
本人確認書類については免許証でも良いのであらたに準備する必要がありませんが、異動承認請求書は保険会社から取り寄せて準備しておくか、窓口に出向いた際に必要事項を記載・捺印して提出しなければなりません。なお「異動」とは自賠責保険の契約内容を変更することを言います。またこのようなケースの異動事由は「権利譲渡」と言いますので覚えておくと良いでしょう。

名義変更の手続きに来る方が譲受人の場合、異動承認請求書は必要ですが、それ以外には譲渡人の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)か、売買契約関係書類が必要となります。
個人間の売買では、わざわざ売買契約書を取り交わさないことも少なくないでしょうから、その場合は譲渡人に印鑑証明書をとってもらうようにしなければなりません。また異動承認請求書に押す印鑑も譲渡人のところは実印を押してもらうことになりますので、手続きに譲渡人が来られない場合は、あらかじめ異動承認請求書を保険会社から取り寄せて、譲渡人に実印で捺印をもらっておく必要があります。

手続きの手順については、保険会社によって若干の違いがあるかもしれませんが、必要となる書類は上記の通りとなります。

自動車を個人間で売買する場合は、自賠責保険の名義変更についても事前に打ち合わせをしておくことをおすすめします。

スポンサードリンク