原付・バイクの自賠責保険の加入をコンビニ(セブンイレブン)で行う

スポンサードリンク



自動車には車検が不要なものもあります。一般的に原付やバイクといったものがそれにあたるわけですが、車検のない原付や250cc以下のバイクも公道を走る以上、自賠責保険をつけておかなければなりません。

原付やバイクに自賠責保険も、基本的には最初にそれを購入したショップが保険代理店となっていますので、ショップとの付き合いが途絶えない限りは、そこで自賠責保険の更新も続けるというのが一般的です。

ただし年月が経ち、進学や引越しといった生活環境の変化などで、ショップとの付き合いもなくなるということもあるでしょう。そうなると、自賠責保険の更新は、自分で期限切れに注意して行うことになります。

ただ、原付やバイクの自賠責保険の加入や更新も、いまではコンビニ(セブンイレブン)で行えるようになっていますので、期限切れさえ注意すれば、生活する場所が変わっても自賠責保険の加入・更新で不便を感じることはないでしょう。

原付・バイクの自賠責保険の加入・更新をコンビニ(セブンイレブン)で行うには、セブンイレブンに出向く前にネットで基本情報を入力して、加入や更新の予約登録しておく必要があります。これを済ませてから、セブンイレブンのマルチコピー機の画面操作で、ネット予約登録時のIDとパスワードを入力します。そうするとマルチコピー機から払い込み票が出てきますので、この払い込み票をレジに提出して保険料を支払います。
(セブンイレブンでは、自賠責保険料の支払いは現金のみの取り扱いとなります。)

レジで自賠責保険料を支払うと、その場で保険標章(ステッカー)を受け取れます。自賠責保険証明書は、保険料払い込み後、ふたたびマルチコピー機の画面操作で、マルチコピー機から印刷されますので、自賠責保険証明書もその場で持ち帰れるわけです。

整理すると、レジでは保険標章(ステッカー)と「自賠責保険のしおり」が受け取れ、自賠責保険証明書はマルチコピー機から印刷されるという流れです。セブンイレブンの自賠責保険サービスは、基本情報をあらかじめインターネットで入力しておくので、IDとパスワードだけひかえておけば、自賠責保険の手続きがすべて済むというわけです。

コンビニ(セブンイレブン)で自賠責保険の手続きをするメリットは、あらかじめネット登録しておくことで、店頭での手続きが非常に簡単に済むということ、24時間365日、いつでも自賠責保険の手続きができるということ、そしてステッカーや自賠責保険証明書がその場で受け取れるということです。
進学や仕事の関係で地元を離れて生活している方にとっては、なかなか便利なサービスと言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク