自賠責保険の解約と未使用月分の還付について

スポンサードリンク



自賠責保険は、交通事故によって死傷した被害者を救済する目的でつくられた強制保険ですから、自動車を買取りや下取りに出しても、自賠責保険は解約せずに引き継ぐようになっています。つまり、使用できる自動車の自賠責保険は、簡単に解約できないようになっているのです。

ただし、自動車を廃車にして今後永久に使用しない場合(永久抹消)と、海外赴任などの理由で一時的に登録を抹消するような場合(一時抹消)は、自賠責保険を解約することができます。こうして解約すると、その後ムダになる自賠責保険を維持する義務がなくなるわけです。

ということで、自賠責保険を解約するには廃車にするか、ナンバープレートや車検証を返納してその自動車に乗らないということが証明できることが必要ですが、この手続きにあたって必要な書類は以下のものです。

・自賠責保険承認請求書
・自賠責保険証明書
・抹消登録証明書、解除事由証明書、登録事項等証明書のいずれか
・運転免許証や健康保険証などの本人確認書類

※ 車検のない原付・バイクの場合は、保険標章(ステッカー)も必要書類に含まれます。

自賠責保険の解約手続きは、基本的に保険会社の窓口で行うのが基本です。ただし最近では、電話と郵送等で対応している保険会社もありますので個別に確認してみてください。また車検のない自動車の自賠責保険は、コンビニや郵便局でも加入できるようになりましたが、解約の取り扱いはありません。セブンイレブンで加入した自賠責保険なら、引受保険会社は三井住友海上火災、郵便局なら東京海上日動となりますので、解約はそれぞれの保険会社の窓口で行うことになります。

また自賠責保険の解約で注意したいのは、自賠責保険の保険期間が残っている場合です。保険期間の残がある場合は、未使用月分の還付を受けられますので、こちらもあわせて申請します。

未使用月分の還付を受けるには自賠責保険証明書はもちろんですが、登録事項証明書が必要となります。また返戻金の振込先も伝えなければなりませんので、口座情報もひかえておきましょう。なお自賠責保険の未使用月分の還付は、本人からの申請がなければ応じられませんので、廃車などで自賠責保険を解約する場合は期限残を忘れず確認してください。

スポンサードリンク