自賠責保険の更新方法について

スポンサードリンク



自賠責保険の更新は、車検のある自動車の場合、車検ごとにおこないます。車検は利用者自ら行うユーザー車検もありますが、大抵はディーラーや整備業者にやってもらう整備車検か、代行業者に依頼する車検代行ですから、保険代理店でもあるこれらの業者にすべて委任することになります。

車検を受けるには自動車税納付証明書と期限が切れていない自賠責保険証明書が必要で、自賠責保険の更新とともに、自動車重量税などの納税もあわせておこないます。

自賠責保険は新車を購入すると同時に新規契約しますが、中古車の場合は、前の所有者の自賠責保険を引き継ぐことになります。自賠責保険は車検の有効期限を超える契約期間が必要ですから、新車の乗用車なら36ヶ月(3年)分の自賠責保険の契約が必要となり、その後は2年ごとの車検となりますので、契約期間24ヶ月で自賠責保険を更新することになります。

中古車の場合は、購入時点で残っている車検期間が終了すると、その後は2年ごとに車検を受けることになりますので、契約期間24ヶ月で自賠責保険も更新します。

以上は普通乗用車の車検期間ですが、自家用貨物自動車の場合は、初回は2年で、以降は1年ごとですから、車検期間に応じた契約期間で自賠責保険を更新することになります。
なお自賠責保険は契約満了日の正午に期限切れとなりますので、新車の自賠責保険は37ヶ月で、また車検切れの車の場合は25ヶ月で自賠責保険を契約する場合があります。

車検がない原動機付自転車や250cc以下のバイクの場合は、車検の有効期限を自賠責保険の契約期間にあわせる必要はありませんので、1年から5年以内のなかで任意に期間を決めて契約更新できます。

車検がない原付・バイクの自賠責保険は、バイクを購入した販売店で更新するのが一般的ですが、オンラインで加入できる自賠責保険もありますし、最寄りの郵便局やコンビニでも自賠責の更新手続きが行えます。

なお、原付やバイクの自賠責の更新で必要になる書類は、契約中の自賠責保険証明書のほか、検査対象外軽自動車の場合は軽自動車届出済証が必要で、原付の場合は原動機付自転車標識公布証明書が必要です。ただし、コンビニでの自賠責更新は、あらかじめ必要情報をオンラインで入力して更新予約するために、店頭での書類提示の必要がなくなっています。

スポンサードリンク