自賠責保険金(共済金)支払までの流れ

スポンサードリンク



ここでは、自賠責保険の保険金が実際に支払われるまでの流れについて整理してみます。

任意保険に加入している場合は、交通事故による損害賠償が発生すると、任意保険の保険会社が保険金を支払い、自賠責保険の引受保険会社に自賠責保険のぶんを請求しますが(一括払制度)、任意保険に加入していなければ、加害者自身が保険金の請求を行うことになります。

自賠責保険金(共済金)支払までの流れは、おおよそ以下のような流れとなります。

1.保険金の請求
自賠責保険の請求者は、加害者が加入している自賠責保険の引受保険会社に請求書を提出します。

2.損害調査の依頼
請求を受けた損害保険会社は、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所へ請求書を送り、損害調査を依頼します。

なお自賠責損害調査事務所は、全国の県庁所在地などに設置されており、損保会社や共済組合からの調査依頼を受けて、損害内容の調査を行い、その結果を保険会社(共済組合)に報告する役割を果たしています。

3.損害調査
保険会社や共済組合から調査依頼を受けた自賠責損害調査事務所は、自賠責保険の補償対象となる事故か、また発生した損害額がいくらかを公正・中立な立場で調査します。
自賠責保険は強制保険として、社会保障的な意味合いの強い保険ですから、誰にとっても均質で適正な補償を受けられることが求められます。慎重な判断が必要となる事案については、自賠責保険審査会でも審査します。

4、損害調査内容の報告
自賠責損害調査事務所は、調査が終了すると調査結果を損保会社や共済組合に報告されます。

5.保険金(共済金)決定・支払
保険会社は損害調査の結果をもとに支払うべき保険金額を決定して、自賠責保険の請求者へ保険金を支払います。

6.保険金(共済金)受取
自賠責保険の請求者は保険会社から保険金を受け取ります。

なおJA共済では、損害調査に損害保険料率算出機構を使用しませんが、同様の調査と審査を行なっています。
また国土交通省と金融庁は、自賠責保険の保険金支払についてのガイドラインとなる『自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償の共済金等の支払基準』を設けており、保険金・共済金の支払はこの基準に基づいておこなわれています。

スポンサードリンク