JA 自賠責保険の口コミと評判を徹底検証

スポンサードリンク



JA共済は生保・損保兼営の保険機構で、農業共同組合法に則って運営されています。自動車共済や自賠責共済、火災共済、建物更生共済のほか、各種生保共済を取り扱っています。JA共済はJA組合員である農家の相互扶助を目的に設立された非営利団体ですが、組合員になることで、農業従事者以外の方もJAのサービスを利用することができます。

自賠責共済は、一般の損害保険会社から販売されている自賠責保険と同じものです。任意保険をJAの自動車共済で契約していれば、自賠責もJAでつけているという方がほとんどでしょう。

JA共済の自動車任意共済は「家庭用自動車共済 クルマスター」と言いますが、総じて掛金が割安であることから一般ユーザーからも支持されています。またJA共済独自の割引きとして、JA自賠責共済を同時に加入すると、任意共済の保険料が約7%割引きになります
またJAバンクのマイカーローンは、低利で柔軟審査であることで知られていますから、JAのローンで自動車を取得して、自賠責共済と任意共済もJAでセットするといった一般ユーザーも少なくありません。

一般の方がJAの組合員(准組合員)になるには、該当するJA管内に住んでいて、今後JAの事業を継続して利用する方であれば、一定の出資金(一口1000円から)をおさめることで加入することができます。規定は地域のJAによって違いがありますので、管内のJAで確認してみてください。

なおJA共済では、自賠責保険の損害調査をJA共済損害調査株式会社で行なっています。通常自賠責保険の損害調査は損害保険料率算出機構に委託しているわけですが、この点が損保会社の自賠責保険とJA共済との違いとなります。ただし、JA共済損害調査では損保料率算出機構と同様の損害調査を実施していますので、調査機関としての損害調査の質に違いはありません。

JA共済は、農業に従事している正規組合員だけでなく、一般の准組合員にとってもなかなか魅力的なサービスを展開していると言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク