三井住友海上 自賠責保険の口コミと評判を徹底検証

スポンサードリンク



三井住友海上は、2010年4月に誕生した(グループ内にはあいおいニッセイ同和損保らがある)MS&ADインシュアランスグループの中枢企業です。MS&ADインシュアランスグループは、国内での保険料収入でトップになり、東京海上ホールディングス、NKSJホールディングスと並ぶ、いわゆる3メガ損保グループの一角をなします。

三井住友海上は、店頭で原付・バイクの自賠責保険の加入・更新ができるセブンイレブンの引受保険会社となっているほか、損保ジャパンと並んで大学生協保険サービスとのつながりも深いことから、原付やバイクの自賠責保険の募集に力を入れています。

また三井住友海上は、営業拠点や代理店数も非常に多いので、乗用自動車などの自賠責保険の契約先としても安心して利用できるでしょう。

自賠責保険を契約する場合、任意保険も同じ保険会社で統一したほうが、保険を使用する場合にスピーディーなサービスが受けられます。したがって自賠責保険の契約先にこだわるのであれば、任意保険の内容がどうなのかもみておく必要があるでしょう。

三井住友海上の個人向け自動車保険は「GK クルマの保険」というもので、最長3年の長期契約ができるようになっています。もちろん長期契約にしたほうが保険料は割安になりますので(「GK クルマの保険」の場合はおおよそ2%程割安となる)、長期契約できる任意保険をさがしている方なら自賠責保険とあわせて「GK クルマの保険」を検討してみても良いでしょう。

ちなみに2011年、J.D. パワーアジア・パシフィックの事故対応満足度調査で、三井住友海上はダイレクト損保も含めて5位にはいっており、保険保全面では業界上位の評価を得ています。
自賠責保険自体はどこで契約しても、補償内容や保険料は変わりませんので、任意保険での客観的な評価を参考にして、自賠責保険の契約先を検討してみると良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク